• 電話番号:03-6228-0330
  • WEBカウンセリング

「差別をなくすために」

2019年06月08日

「差別をなくすために」

日韓交流とは少し違ったスタンスでの活動をしようと、ツイッターを利用させていただいています。

アカウントをお持ちの方は、フォローしていただければ幸いです。

ウェブ

https://twitter.com/koheikana

アプリ
@koheikana

実際のところ、まだまだこれからの活動となりますが、差別をなくしていくにはどうすればいいのか?ということに、積極的に取り組んでいきたいと思います。

そんな中、目を覆いたくなるような、人種差別発言が頻繁に挙げられてるSNSの一つが
「ツイッター」です。

被差別者であった立場から率直な意見を言わせてもらうと、精神を病むような酷い差別的な内容が、平気で挙げられています。

私が初めて、ツイッターのアカウントを登録したのが2010年ですが、間もなく、ヘイトスピーチの毒牙にかかり見なくなってしまいました。

ところがです。
今や、選挙戦でもツイッターが活用されていて、政治的な対立などの応酬で火花が散る場面にも遭遇しますが、活発に論戦が繰り広げられています。
いつの間に、こんなことになっていたのか、衝撃でもありました。

「これは、相当の影響力を持った、ただのSNSでない、一つの大きなメディア(報道媒体)だ」とも思いました。

ですが、それにも増して、差別発言は悪化の一途をたどっているのもわかりました。

わかったことは何かというと、

「アカウントを登録した、9年前より、人種差別的な「ひどい」発言が、さらに増していたこと」です。

ただ、もう一つの発見がありました。

「カウンター」と呼ばれる人たちが、信じられないくらいの飛躍的な勢いで、増加していたということです。

「カウンター」というのは、人種差別発言に対して、正面から鋭角に「NO!」を突き付けていく人たちのことです。

これに気づいたとき、「傍観者」のままでいては絶対にダメだと思いました。

皆さんの力を貸してください。

日韓の間に政治的なことで、どんなに難しい揉め事があったとしても、民間人同士でいがみ合う必要性はどこにもありません。

なんとならば、隣国同士が手を取り合っていくほうが、双方のためになるからです。

はじめの一歩として、
「〇〇人は、〇〇だよね?」ということが、人種差別発言につながるかもしれないと認識してください。