新宿 新大久保駅・東新宿駅から徒歩6分の韓国語教室

ソウルメイト韓国語学校

最近よく耳にする「モッパン」ってなに?

2021年11月16日

日本語で読む

「モッパン」という言葉、韓国好きなら一度は耳にしたことがあると思います。

しかし「よく耳にするけど、どういう意味かわからない」と疑問を持っている方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、モッパンについてご紹介いたします!

モッパンって一体なに?

最近よく耳にする「モッパン」ってなに?

出典:youtube.com

モッパンは、韓国語で「먹방」と書きます。

食べるという意味の「먹는(モンヌン)」と、放送という意味の「방송(バンソン)」を合わせてできた造語で、「食べ物を食べる番組放送」のことを表しています。

モッパンは2008年韓国の映像配信サービスの「Afreecatv(アフリカTV)」から始まったと言われており、2009年〜2010年頃には韓国内で大きく広まりました。

元々はテレビの出演者が飲食しているシーンのことをモッパンと呼んでいましたが、最近では食べる行為をコンテンツにした放送全般をモッパンと呼んでいます。

今ではYouTubeにも数多くのモッパン動画が投稿されており、人気の動画だと再生回数が数千万回を超えるものもあります!

モッパンはなぜ人気?

モッパンは海外でも「MUKBANG」として知られており、日本はもちろん、世界でも人気が高いコンテンツです。

しかしなぜモッパンが人気なのか気になりますよね。

モッパンは美味しそうに食べている姿がなにより魅力的です。

まるで自分が食べているような満足感が味わえるので、一度見始めるとハマってしまう方が多いのだとか。

また、一緒に食事をしている感覚になれるので、一人暮らしの方からの人気も高いそうです。

モッパンとASMRとの違いは?

最近よく耳にする「モッパン」ってなに?

モッパン以外に、「ASMR」という言葉を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

ASMRは、簡単に言うと「聴覚や視覚への刺激によって感じる、ゾワゾワと心地良くなる感覚」のことです。

動画投稿サイトにも耳かき音、タイピング音、カット音、ささやき声などさまざまな種類のASMR動画が投稿されていますが、その中でも咀嚼音は人気が高いです。

この「咀嚼音ASMR」と「モッパン」はよく似ていますが、ASMRはあくまで音がメインのコンテンツです。
そのため口元だけを映し、音に集中してもらえるような動画が多い印象です。

対してモッパンは食べている姿がメインなので、食べている様子全体を映し、ときには視聴者と会話しながら食べることもあります。

韓国語スクールに通ってもっと韓国のことを知ろう!

今回は、韓国発祥のコンテンツ「モッパン」についてご紹介しました。

世界的に人気なので、興味がある方はぜひ一度見てみてください♪

そしてもっと韓国のことについて知りたいという方は、韓国語スクールに通うのがおすすめです。

韓国語が理解できるようになれば、もっと色々なコンテンツを楽しめます。

「ソウルメイト韓国語学校」には実力や目的別にさまざまなレッスンがあるので、自分のペースで楽しく韓国語を学ぶことができますよ!

無料体験レッスンや見学もできるので、ぜひこの機会に申し込んでみてくださいね。

本格的に学べる韓国語教室をお探しですか?
まずは30分間の無料体験をぜひお試しください!!

無料体験・見学レッスンお申し込み


韓国語発音クリニック 全ての韓国語発音を網羅したアプリが今なら無料でダウンロードOK!!
  • 韓国語発音クリニック Google play
  • 韓国語発音クリニック App Store